在宅医療は問題が山積み。独居の患者さんの在宅医療は難しいですね。支える家族がいないと言うのは辛いものですね。

在宅医療は問題が山積み。独居の患者さんの在宅医療は難しいですね。支える家族がいないと言うのは辛いものですね。

長期にわたる治療が必要な患者さんにとって、病院での長い入院生活は苦痛が多いですよね(;´Д`A

患者さんにとって、住み慣れた我が家に帰ることは、一番の望みでもあると思います。

1950年代までは、自宅で亡くなる方が8割だったのに比べ、現在は8割の方が病院で亡くなっているんです。

最近は、急性期を過ぎた患者さんが、在宅で医療を受けることができるよう在宅医療が勧められています。

在宅医療は、病院外で行う全ての医療であり、通院困難な患者さんの自宅や老人施設などを訪問して医療を行うことです。

しかし、この在宅医療...実際には、長期入院をしている患者さんを外に出すために、在宅医療がすすめられている節がありますよね(´・Д・)」

長期間入院により、医療費は伸び続けていたことから、それを抑制するために、2003年にDPCが導入され入院日数が縮小されました。

それに伴い、在宅医療に移行すはり患者さんも急激に増えています。

そのため、様々な問題点を抱えているんです(;´Д`A

長期入院が出来なくなり、在宅医療となった患者さんの中には、独居の方もいます。

在宅医療には、訪問看護などもありますが、それだけではまかない切れません。

在宅医療を行うには、家族の協力は不可欠ですよね。

医療を必要とする患者さんが、医療を受けながら、身の回りのことなど一人で行うのは困難ですよね>_<

また、患者さんにとって医療従事者のいる病院での生活から、誰もいない自宅で過ごすことへの不安も大きいと思います。

家族がいれば、そういった生活や精神面でフォローしながら、在宅医療を支えることができます。

一緒に住む家族がいない、そばで支えてくれる家族のいない患者さんにとって、入院が出来ず在宅医療を余儀無くされる患者さんは辛いですね( ;´Д`)

2014年7月 2日|